Kizuki Cafe by ACIM実践者ルルジュゴン

ACIMの実践を通して、ルルジュゴンがラスベガスから愛のエネルギーをシェアします♡

自分探しって外界に自分を探すことじゃないよ。

Workbook for Students

Lesson 51:LESSON SUMMARY #1-5

 

ACIMのレッスン51からは暫く今までの復習となるようです。

 

復習、Review、Reinforcement、

これが学んできたことを定着させるとても効率的なメソッドですね。

 

ちょっと肩の力も抜け、Lessonを一日一日行ってきたことを思い出しながら、でも注意深く復習していきたいと思います。

 

さて、今日はACIMをちょっと離れて、瞑想中に飛び込んできたメッセージをもとに、現在北米全土で報道されている、白人警察による罪のない黒人男性が殺害されたことによるデモに関しての考察。

 

さらりと考察するには余りにも奥深いセンシティブな内容ですので、あくまである視点でのひとつの捉え方であることご了承ください。

 

人が心の琴線に触れるインパクトの強い出来事に遭遇した際、意識下の抑圧されていた個人的な強い感情が放出されることがある。

今回のアメリカでの騒動は集団的にこの現象が発生している。

 

ここでポイントとなるのが、出来事に巻き込まれた人物を個人的に知らなくとも感情の激しい噴出が起こるということ。

自分が過去に経験したこと、そしてその時に押し殺された感情と今、目前に起こっているインパクトの強い出来事を深く結びつけてゆくことにより、あたかも自分が傷つけられたような痛み、怒りが投影されるのだ。

 

そして感情移入と自己浄化の試みの入り口に立つ。

 

過去に抑制されたものは抑制された理由がある。

耐え難い痛々しい出来事であるため、無かったことにしたい、記憶から消し去りたいなどという自己防衛機能が、自己を精神崩壊から守ってくれていたのだ。

 

さて、一般概論はここまでとして。

私個人がこの事件を通して心の中の体験したこと。

 

無実の黒人男性が息を引き取る前に発した「ママ」という言葉。

ここでわたしはこの黒人男性と息子を重ね合わせていた。

人種も年齢も違うが、息子がもしこのような境遇に遭ったら。。。

そして最期に「ママ、、、」と言い残してこの世を去ったら。

想像しただけで耐えられぬほどの心の痛みを覚えた。

そして同時に警察官に対しての激しい怒りが湧き上がる。

 

そしてそこから怒りは飛び火して、白人に対しての憤りが顕われる。

そうだ、白人(アメリカ人)はいつだってマイノリティーを下に見ている!

という思いを抱いていた自分に気付く。

アメリカに渡ってきた30年以上も前のこと、片田舎に留学していたわたしは、町で日本人一人の環境の中人々との意思疎通が思うように取れず四苦八苦していた。

ストアーで店員に質問をしても通じない。

マシュマロを探していても、マシュマロが通じず、ストアー中の人が集まったこともある。でもこれは結構当時も自分でも笑えた。

授業は先生の言っていることがわからない。質問できない。

なんか皆わたしのことを誤解している。でも自己表現が余りに稚拙で自分じゃない気がする。

自己主張しない、おとなしく性格のすこぶる良いアジア人と見られていたと思う。違うんだぞ、結構日本語しゃべると面白んだぞ、とストレス溜まった。

電話でカスタマーサービスと話すときは、”Ha?”と素っ頓狂な声で、

”何言ってんですか?”って聞かれるとかなり頭に来た。

スーパーバイザーを呼べと怒鳴って、”おたくの従業員は英語が不自由な外国人を差別してる!”と喚き散らしたこともあった。

 

そしてそれは結婚してからも内容と頻度と程度を変えて続いてきた。

白人の夫の家族の集まりの中、自分は無視されて大切にされていない感覚があった。何をさせたわけではない。多分自分のコミュニケーション能力と積極的に打ち解けようとする努力の欠如が主因だったような気が今となってはする。

 

夫への怒り。様々な出来事のなか夫への失望、わだかまり、嫌悪感、こういったものも、白人権力者に対する憎悪の要因になっているようだ。

これらは詳しく書くと超長くなるので割愛。

でも今では、夫への怒りは結局は自分への怒りの投影であったことに気付き、関係は信じられないほど改善されている。

 

つまり、この事件を通して自分の中の痛々しい部分が炙り出されているのだ。

じっくりと自分の内面を観察する。痛い部分も忌避せずちゃんと痛いと認めて感じてあげる。そして痛いと感じたことに罪悪感を感じていなかったか自分に問う。

罪悪感を覚える必要な全く無かったことを自分に優しく伝える。

嫌だ〜!とか痛い〜!とか大嫌い〜!と思った気持ちの数々を、それぞれが重要なエモーションだったこと、感謝して、そして尊厳のもと葬ってあげる。

ネガティブを毛嫌いすると、結局またその思いを反復することになる。

必要なのは自己の内面に入って徹底的に正直に自分に問い続けること。

そして徹底的に正直に認め、こたえてゆくこと。

このプロセスに批判は厳禁です。

批判させるのが怖いから、多くの意識が隠れちゃってるんです。

 

自分探しって、源に帰っていくための前段階として必要な、ゲームの山場、最難関な部分ですね。

だから探しているものは外界になんか無いんです。

全部自分の中に全装備してるんです。はじめから。

その部分に触れた時、自分への愛が溢れ出し、世の中で起こっていることは

人々が自分の中に還って行くために現われてくれていると知ります。

 

その意味で、殺害された黒人男性の魂(現世でのキャラでなく)に敬意を払うと同じくらい、殺人を犯した白人警官にも、その魂に敬意を払いたいと思います。

 

ではまた♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ACIM WB Lesson 50:I am sustained by the Love of God.

Workbook for Students

Lesson 50:I am sustained by the Love of God.

 

「神の絶対的な無条件の愛によって、わたしは存在し続けています。」

 

エゴマインドが小さく弱くなる際、潜在意識が恐怖で揺るがされる。

 

しかしそもそもわたしが存在してきた背景にエゴマインドの貢献は無かった。

 

はじめからずっとLove of Godだけが存在していた。

 

だからずっとこの先も存在が消滅することはないのだ。

 

この幻の世が無であることを思い出しても、

実はずっとはじめから、この先もずっと

完全なLove of Godのなかにいたのだった。

 

というか全ての存在はLove of Godだった。

 

悪い人も善い人もない。

映画のプロデューサーは、映画の中の

ヒーロー、悪役をプロデュースしてキャスティングする。

 

役者はキャラクターを演じる。

良い人間を演じても、悪い人間を演じても

役者はただのパフォーマー。

 

登場人物の人間性や性格はつくられたものなので、

映画を作成している側の人間の資質ではない。

 

だれがプロデューサー?

だれが脚本家?

だれが監督?

だれが役者?

だれが観客?

 

ではまた♡

 

 

 

ACIM WB Lesson 49:God's Voice speaks to me all through the day.

Workbook for Students

Lesson 49:God's Voice speaks to me all through the day.

 

「神のメッセージは一日中絶え間なくわたしに届きます。」

 

2013年1月、ある衝撃的な辛い出来事をきっかけにそれまでは気付かなかった導きを感じ取れるようになっていった。

 

そしてここ数年、神の声(メッセージ)はHigher Self(Holy Spirit)を通して、更に明晰に力強く届くようになってきた。

 

悩んだり不安になったりすることそのものが、この幻想世界のゲームの罠であり、掟であり、ある意味楽しい部分だと知るにつれ、自力で何かを変えようというこだわりを捨てていった。

 

柔軟な心で受け止める準備がととのうと、帯びただしい無数のメッセージが一度にふってくる。これでもか、これでもか、と。

圧倒される数だ。

 

長年勤務した職場を後にし、その後の就職活動、コミュニティ・カレッジでの資格取得、新天地への引越し、家の売却と購入、新居での家具や飾り付け、などなどとにかく日常の全てが、

メッセージを受け取る→ありがたい気持ちになる→実行する→期待通り、あるいはそれ以上の現実(映像)が創り出される、

この連続である。

 

神からのメッセージとエゴマインドの声は時に紛らわしいほど似ている。

似ているようで根源に流れるものが違うので、その違いはかなり見分け易い。

 

基本はコンスタントな心の動きの観察。

簡単なようで、ほとんどの場合自動反応でひとは感情に飲み込まれたり振り回されるので、こまめに確認し続ける必要がある。

 

メッセージを受け取るというと全くの受動的な態度を連想しがちだが、実はこの弛まぬ自己観察あっての神からの恩恵なのです。

 

難しいことではないけれど、ずっと、ずうっと続けて自分の奥深くを見つめ、問い続けることが声を聞く上で大前提となります。

 

だから今日も幸せです。

 

ではまた♡

ACIM WB Lesson 48:There is nothing to fear.

Workbook for Students

Lesson 48:There is nothing to fear.

 

「恐れることは何もない。」

 

シンプルなフレーズのレッスンですが、今回もとてもパワフルな学びを得ました。

 

Fear(恐れ)というと、なにか途方もなく恐ろしいもの(怪物とか幽霊とか)を対象に、その対象からなにか危害を及ぼされることによる防衛本能と何気なく理解していることが多いと思います。

 

ですが、日々のちょっとした心の動きを観察すると、恐れとは実はそんなに大げさなものばかりではなく、たいしたことのない(と認識している)苛立ちとか、不安定感のなかに潜んでいるものの方が数としては圧倒的に多いのです。

 

友人からのお誘いを断った後に感じる軽い罪悪感は、友人を傷つけたのではないかという恐れ、あるいは嫌われやしないかという恐れ。

 

計画通りに進めていくこと、例えばお掃除の真っ最中に猫ちゃんがお腹を空かせて目の前に立ちふさがっって邪魔をしたりするときの苛立ちは、自分の時間が奪われるのではないかという恐れ。

 

朝鏡を見て、新たな額の皺を見たときの落胆は、老いていくことへの恐れ。

 

こうして観察、考察していくと、人類のほぼ全員の生活の基盤は、”Fear(恐れ)”であることに気付く。

 

それはそうだろう。恐れを基盤としたゲームなのだから。

だからそのゲームを続ける上では、恐れは大切なデフォルトとなる。

大切なのは、そのゲームを続けたいか、止めたいか。

 

ゲームを続けながら「何も恐れることは無い。」は不可能だし、

ゲームを止めたのなら「恐れることなどなにも無い。」は当たり前なのです。

 

ではまた♡

 

 

 

 

 

ACIM WB Lesson 47:God is the strength in which I trust.

Workbook for Students

Lesson 47:God is the strength in which I trust.

 

「わたしは神(強さ)のもと、全てのものを信頼しています。」

 

神は揺るぎのない強さ。

わたしたちゲームのアバターを創り出した神は絶対的な揺るぎない強さを持つ。

それはクリエーターという立場である存在として当然であろう。

そしてそのクリエーターは自分自身である。

 

この幻想世界を生きてきて、事象や人間関係、自分自身(エゴマインド)の力の限界を経験するにあたり、

信頼できるもの、信用できるものは

何も無い、

という結論に至った。

 

それは悲観的な思想によるものでも、不幸な境遇によるものでも、

弱い己の精神によるものでもなかった。

 

それはエゴマインド、肉体が自分であるという

幻想ゲームの中で本当の姿を忘れていたからに過ぎなかった。

自分と他人、そして外界に映るもの全てとの

分離感、そしてどこもまでいっても

どんなに愛という執着を強めようとも、

消えることのなかった孤独感。

 

それは、分離されているという

幻想のゲームにどっぷり浸かって

遊びに夢中になっていたからこそ

感じられた

イリュージョンファンタジー。

 

それがわかると

世の中は美しさで包まれる。

 

鳥がさえずる。

風が吹く。

それが実存の想念。

 

それではまた♡

ACIM WB Lesson 46:God is the Love in which I forgive.

Workbook for Students

Lesson 46:God is the Love in which I forgive.

 

「神は愛、そしてその愛のなかでわたしは赦しを施す。」

 

パワフルなメッセージ。

この真実が腑に落ちた時、とても安らかな気持ちが訪れました。

 

赦したい他人を考えた時、

怒りを感じている人、

許せない人がいないことに気が付きました。

 

そこをもう一歩踏み込んで、

その人のことを考える時、なにかしらのニュートラルでない

気分が沸き起こる対象を探ってみました。

 

母、夫、親しい友人、子どもたち、弟、父、以前の同僚上司。

 

許すというには違和感を覚えましたが、

レッスンを続けました。

 

他人を許すということは同時に自分を許すということ。

他人も自分も同じなのですが、

このレッスンにおいては、

自分を許すということ、神(愛)の中で赦すということが

心の奥深くまでときほぐされるような感覚を覚えました。

 

許すというと大げさなのですが、

ほんの些細な、繊細な日常の”いらっとすること”

”だから自分はだめなんだ”ってダメ押ししていること、

しいては”もっと頑張れ、自分”って叱咤激励していること、

これらは全部自分への攻撃なんです。

 

食べ過ぎたな〜、なんかお腹でてきたぞ。

嫌だなこの太りやすい体質!

頑張ってダイエットしないと、って思っているときの

自分に対しての嫌悪感、焦燥感。

やべ、左の腰が痛い。

昨日のエクササイズで変なふうにひねったか?

嫌だなこの痛み、って思っているときの

自分に対しての非難、攻撃。

 

こういった些細な、繊細な感情の動きをキャッチして、

そして愛の中(神の中)そういった感情をひとつひとつ

丁寧に赦して(解放して)いくということを続けていきたいと思う。

 

イラッとした自分にイラッとしない。

柔らかくユーモアをもって

それでいいんだよ、と言ってあげる。

 

ここで、昨日の疑問であった

What is Real Thoughtsというのもちょっとわかったような気がした。

 

Real Thoughtsはこういった神の中にある

本質的な精神意識なのだろう。

 

面白いゲームを創り出したものだ。。。

 

ではまた♡

ACIM WB Lesson 45:God is the Mind with which I think.

Workbook for Students

Lesson 45:God is the Mind with which I think.

 

「神がわたしの本来の思考の源(マインド)です。」

 

理解できたことは、MindはThoughtsを創造するにあたっての、培養土のようなもので、たくさんの種(思考)がばらまかれ、芽が出て成長し花が咲き実がなる。

 

エゴマインドではない、本来のマインド(Mind)は神と共有しているため、そこから芽生えるものはすべて本来の思考。

 

エゴマインドはそもそも幻影であるゆえ、マインドとは神とシェアしているマインド、大文字で始まるMindからReal thoughtsがクリエーションとして生み出される。

 

My real thoughts are in my mind.  I would like to find my real thoughts.

 

今回のレッスンを進めるうち、わたしのReal thouhtsを見つけ出したいと心から願った。

分離ゲームが始まる前の思考、神と一緒に考えたことってなーんだ?

 

ではまた♡